中性脂肪を下げる食事レシピ 主菜のレシピ

パッタイ風炒め

投稿日:

パッタイ風炒め

 

パッタイはタイの焼きそばで、ビーフンなどの米粉の麺を使いますが、今回はおかずとして麺を使わない炒め物にアレンジしました。

ほんのりと甘みのあるエスニックな味わいはごはんとも合います。

えびは卵はコレステロールを多めに含んでいるので、一日の摂取量に応じて控えるなど調整して下さい。ボリュームが欲しい方は低カロリーなもやしを増量してもよいでしょう。

ナンプラーは塩分が多いので使用量に気をつけましょう。

 

【栄養価】
エネルギー:182kcal
コレステロール:102mg
食物繊維:2.8g
塩分:1.5g
脂質:7.0g
糖質:8.5g

 

【材料(二人分)】

  • もやし 1袋(200g)
  • 玉ねぎ 1/4個(50g)
  • にら 1/2束(50g)
  • えび 4尾(正味40g)
  • 鶏胸肉(皮なし) 50g
  • 木綿豆腐 100g
  • 卵 1/2個(25g)
  • 油 小さじ1(4g)
  • 清酒 小さじ2(10g)
  • トマトケチャップ 大さじ1(15g)
  • ナンプラー 大さじ1/2(9g)
  • 砂糖 小さじ1(3g)
  • レモン果汁 小さじ2(10g)
  • 炒りピーナッツ 5g

 

【作り方】

パッタイ風炒めの作り方の手順1の画像

1.玉ねぎは薄切りにする。にらは4㎝に切る。鶏肉は一口大に切る。木綿豆腐はキッチンペーパーで包んで電子レンジ600Wで2~3分程加熱して水切りし、一口大に切る。えびは殻を剥いて背ワタを除き、酒をふっておく。卵はボウルに割り、電子レンジ500Wで20秒ごとに取り出して混ぜてを2~3回行い、炒り卵にする。

 

パッタイ風炒めの作り方の手順2の画像

2.フライパンに油をひいて、鶏肉、えび、豆腐を炒めて火が通ったら一度取り分けておき、強火でもやし、玉ねぎ、にらを炒めたら、1の卵を入れて、鶏肉、えび、豆腐を戻して全体を炒める。

 

パッタイ風炒めの作り方の手順3の画像

3.ケチャップ、ナンプラー、砂糖をあわせて加えて味をつけて炒め、レモンを絞り、刻みピーナッツを散らして完成。

 

組み合わせてできるおすすめの献立

この「主菜」のレシピは、次の「副菜」と「汁物」と組み合わせると、おすすめの献立になります。

副菜


汁物
タイ風豆腐のすまし汁
タイ風豆腐のすまし汁

シンプルなタイのすまし汁で、辛い味が苦手という方も食べやすいタイ料理です。 仕上げのこしょうとパクチー、小ねぎもシンプルなスープを引き立ててくれるので、ぜひ取り入れて下さい。 また、豚肉などを入れても ...

 

このレシピの中性脂肪対策ポイント

 

このレシピor記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

注目のおすすめ記事

中性脂肪対策レシピの食事を毎日つくれるかどうか不安な女性 1

中性脂肪の数値を下げて正常値に戻すために必要なのは、「食生活の改善」と「適度な運動」です。 特に食生活に関しては、毎日の食事を見直すだけで中性脂肪の値が改善することも多いですから、頑張りがいがあります ...

-中性脂肪を下げる食事レシピ, 主菜のレシピ

Copyright© 中性脂肪対策食堂 , 2018 All Rights Reserved.