中性脂肪を下げる食事レシピ 副菜のレシピ

さやいんげんと人参のごま和え

更新日:

さやいんげんと人参のごま和え

さやいんげんと人参はどちらも緑黄色野菜で、抗酸化作用を持つカロテンを多く含んでいます。

抗酸化作用によって脂質の酸化を防いだり、動脈硬化を予防したりする働きがありますので、抗酸化物質を含む食品も積極的に取り入れていくとよいでしょう。

また、さやいんげんも人参も食物繊維が多いため、糖質の吸収を抑える働きがあります。

ほんのりと甘味が感じられるごま和えですが、糖質の摂り過ぎは中性脂肪を増やしてしまいます。

調味料の糖類もきちんと計量し、必要以上に摂取しないようにすることが大切です。

【栄養価】
エネルギー:37kcal
コレステロール:0mg
食物繊維:1.3g
塩分:0.3g
脂質:1.7g
糖質:3.2g

 

【材料(一人分)】

  • さやいんげん 20g
  • 人参 20g
  • すりごま 3g
  • 濃口醤油 小さじ1/3(2g)
  • 砂糖 小さじ1/3(1g)

 

【作り方】

さやいんげんと人参のごま和えの作り方の手順1の画像

1.さやいんげんは筋を取って3~4㎝の長さに切る。人参は1㎝角の、長さ3~4㎝の拍子切りにする。

 

さやいんげんと人参のごま和えの作り方の手順2の画像

2.鍋に人参を入れて茹でて、7割程度火が通ってきたら、さやいんげんを加えて一緒に茹で上げる。

 

さやいんげんと人参のごま和えの作り方の手順3の画像

3.すりごま、醤油、砂糖を混ぜ合わせて2の人参とさやいんげんを和えて完成。

 

組み合わせてできるおすすめの献立

この「副々菜」のレシピは、次の「主菜」「副菜」「汁物」と組み合わせると、おすすめの献立になります。

主菜

副菜

汁物

このレシピが含まれている1週間の献立例は、中性脂肪を下げる1週間の献立例【夏~秋】の6日目でご紹介しています。

中性脂肪を下げる1週間の献立例【夏~秋の1日目】残暑にもさっぱり食べられる洋風献立
中性脂肪を下げる1週間の献立例【夏~秋】

今回は「中性脂肪を下げる1週間の献立例【夏~秋】」をご紹介します。 残暑から秋にかけての旬の食材を使った、主菜7品、副菜10品、汁物7品をご紹介します。 中性脂肪を下げる献立のご紹介も今回で3回目にな ...

続きを見る

 

このレシピの中性脂肪対策ポイント

いんげんは、「β-カロテン」「ビタミンC」、「ビタミンB1」「ビタミンB2」、「食物繊維」を含む緑黄色野菜です。

一緒に合わせる野菜のにんじんにも緑黄色野菜で、「β-カロテン」と「食物繊維」が豊富です。

β-カロテン、ビタミンCは抗酸化物質です。ごまに含まれるゴマグリナン、ビタミンEには抗酸化作用があります。

中性脂肪が高い人は動脈硬化対策に抗酸化物質も摂りましょう

抗酸化物質とはどのようなものかご存知でしょうか。 抗酸化物質はフリーラジカルや活性酸素を消去して、動脈硬化、老化、がんなどを予防してくれる働きを持ちます。 私たちの体の健康を維持するのにとても大切な栄 ...

続きを見る

いんげんに含まれるビタミン群も中性脂肪対策に必要です。

中性脂肪を下げるにはビタミンB群を摂ることが重要です

  食べたものがどのようにしてエネルギーとして利用されるか考えたことはありますか? 三大栄養素である炭水化物、たんぱく質、脂質だけを食べていては、エネルギーとして利用することができません。 ...

続きを見る

副菜で野菜を意識して摂るようにすることで、献立に食物繊維を補うことができます。

中性脂肪が高い人は食物繊維をたっぷり摂りましょう!

食物繊維は食べると良い効果があるのは知っているけど、なぜいいのか詳しく知らない方も多いと思います。 食物繊維は消化されずに大腸まで運ばれ、そこで重要な生理機能を果たしていることがわかっています。 例え ...

続きを見る

 

このレシピor記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

注目のおすすめ記事

中性脂肪対策レシピの食事を毎日つくれるかどうか不安な女性 1

中性脂肪の数値を下げて正常値に戻すために必要なのは、「食生活の改善」と「適度な運動」です。 特に食生活に関しては、毎日の食事を見直すだけで中性脂肪の値が改善することも多いですから、頑張りがいがあります ...

-中性脂肪を下げる食事レシピ, 副菜のレシピ

Copyright© 中性脂肪対策食堂 , 2018 All Rights Reserved.