DHA・EPAたっぷり!魚の缶詰レシピ さんまの缶詰レシピ 中性脂肪を下げる食事レシピ

さんま味噌煮缶詰で作る「さんまの味噌ホイル焼き」

投稿日:

さんまの味噌ホイル焼き

さんま味噌煮缶と4種類のお野菜をたっぷり使った一品。
さんまの旨みと味噌の味が野菜に染み込んでおいしいくいただけけます。

さんま味噌煮缶を使うことで味付け不要でかんたんにホイル焼きを作ることができます。

汁ごと使用することで、野菜に味がしみ込み、EPA・DHAを余すことなく摂取できます。

中性脂肪を下げる食材である、きのこ類を使用しています。きのこ類には中性脂肪やコレステロールを下げる効果があるため、さらに効果的です。

 

EPA・DHAが摂れる目安量&カロリー

EPA:1500.00mg
DHA:2550.00mg
カロリー:441kcal

 

材料(1人分)

  • さんま味噌煮缶・・・1缶(150g・固形100g)
  • 玉ねぎ・・・1/4個(15g)
  • にんじん・・・1/4本(15g)
  • エリンギ・・・1/2本(30g)
  • ピーマン・・・1/2個(10g)

 

作り方

  1. 玉ねぎは繊維に沿ってスライス、にんじんは皮をむき千切り、ピーマンは縦に千切りにする。エリンギは縦に裂く。
  2. アルミホイルを2重にし、さんま味噌煮缶と(1)の野菜を並べ、中身が出ないように包む。
  3. 180度に予熱したオーブンで約30分蒸し焼きにする。

 

このレシピを作った管理栄養士さん

このレシピは、管理栄養士&フードコーディネーターのNOKKOさんが作りました。

野菜・海藻・きのこなど食物繊維の多い食品を使った料理や疾病に合わせたレシピの作成を得意としている管理栄養士さんです。

このレシピor記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

注目のおすすめ記事

中性脂肪対策レシピの食事を毎日つくれるかどうか不安な女性 1

中性脂肪の数値を下げて正常値に戻すために必要なのは、「食生活の改善」と「適度な運動」です。 特に食生活に関しては、毎日の食事を見直すだけで中性脂肪の値が改善することも多いですから、頑張りがいがあります ...

-DHA・EPAたっぷり!魚の缶詰レシピ, さんまの缶詰レシピ, 中性脂肪を下げる食事レシピ

Copyright© 中性脂肪対策食堂 , 2018 All Rights Reserved.