DHA・EPAたっぷり!魚の缶詰レシピ さんまの缶詰レシピ 中性脂肪を下げる食事レシピ

さんましょうゆ煮缶詰で作る「さんまじゃが」

更新日:

さんまじゃが

「肉じゃなくてさんま!?」そんな印象をお持ちの方こそ是非作ってみて頂きたい一品。

さんましょうゆ煮缶を使って、肉じゃがならぬさんまじゃがを作りました。

いつもの肉をさんましょうゆ煮缶に変えることで、たっぷりとEPA・DHAを摂ることができる1品です。

EPA・DHAは酸化しやすいですが、じゃがいもやにんじんに含まれるビタミンには抗酸化作用があるので、効率的にEPA・DHAを摂取することができます。

 

EPA・DHAが摂れる目安量&カロリー

EPA:1450.23mg
DHA:2466.40mg
カロリー:545kcal

 

材料(1人分)

  • さんましょうゆ煮缶・・・1缶(145g 固形量100g)
  • じゃがいも・・・1個(110g)
  • にんじん・・・1/3本(40g)
  • 玉ねぎ・・・1/4個(30g)
  • 植物油・・・小さじ1
  • 水・・・100ml
  • (A)顆粒だし・・・小さじ1/2
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)みりん・・・小さじ1
  • (A)酒・・・小さじ1
  • (A)砂糖・・・小さじ1/2
  • 小ねぎ・・・適宜

 

作り方

  1. じゃがいもは洗って皮をむき大きめに切り水にさらす。にんじんは皮をむいて乱切りにする。
  2. 鍋に植物油を入れてじゃがいも・にんじん・玉ねぎを加えて炒める。油がなじんだら(A)の調味料を入れ、落とし蓋をして軟らかくなるまで煮る。
  3. さんま缶を汁ごと加え、汁気がほぼなくなるまで煮る。
  4. 器に盛り、小ねぎを散らす。

 

合わせてこちらの記事もご覧ください

DHA・EPAが豊富なサンマ(秋刀魚)の上手な食べ方と栄養素・成分

サンマ(秋刀魚)は漢字表記で「秋」がつく通り、古くは秋に多く獲れる魚でした。 現在では初夏から出回っていますが、秋に旬を迎えるイメージは依然として強いのではないでしょうか。 「目黒のサンマ」の落語も有 ...

続きを見る

EPA・DHAを含む魚
EPA・DHAの効果と多く含む食材・上手な摂り方

中性脂肪を下げるにはどのような栄養素がいいのかな?と調べたことがある方は、「DHA・EPA」というキーワードをよく見かけたのではないでしょうか。 また、トクホや機能性表示食品、サプリメントの広告などで ...

続きを見る

このレシピを作った管理栄養士さん

このレシピは、管理栄養士&フードコーディネーターのNOKKOさんが作りました。

野菜・海藻・きのこなど食物繊維の多い食品を使った料理や疾病に合わせたレシピの作成を得意としている管理栄養士さんです。

このレシピor記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

注目のおすすめ記事

中性脂肪対策レシピの食事を毎日つくれるかどうか不安な女性 1

中性脂肪の数値を下げて正常値に戻すために必要なのは、「食生活の改善」と「適度な運動」です。 特に食生活に関しては、毎日の食事を見直すだけで中性脂肪の値が改善することも多いですから、頑張りがいがあります ...

-DHA・EPAたっぷり!魚の缶詰レシピ, さんまの缶詰レシピ, 中性脂肪を下げる食事レシピ

Copyright© 中性脂肪対策食堂 , 2018 All Rights Reserved.