DHA・EPAたっぷり!魚の缶詰レシピ さばの缶詰レシピ 中性脂肪を下げる食事レシピ

さば味噌煮缶詰で作る「さばとこんにゃくの味噌煮」

更新日:

さばとこんにゃくの味噌煮

さばの味噌煮缶とこんにゃくを合わせた一品。

さば味噌煮缶を汁ごと使用することで、味付けをすることなく手軽にたっぷりとEPA・DHAを摂ることができる1品です。

落とし蓋をして弱火でじっくり煮ることで、こんにゃくに味がしみ込みます。

中性脂肪を下げる食材である、こんにゃくを使用しています。
こんにゃく類には中性脂肪やコレステロールを下げる効果があります。

 

EPA・DHAが摂れる目安量&カロリー

EPA:1980.00mg
DHA:2700.00mg
カロリー:390kcal

 

材料(1人分)

  • さば味噌煮缶・・・1缶(180g・固形量135g)
  • 黒こんにゃく・・・1/2枚(200g)
  • 大葉・・・1枚

 

作り方

  1. 黒こんにゃくはスプーンで一口大にちぎり、湯通しをする。
  2. 小鍋に1とさば味噌煮缶を汁ごと入れ、落とし蓋をして弱火で煮る。
  3. 汁気がなくなったら器に盛り、千切りにした大葉を散らす。

 

合わせてこちらの記事もご覧ください

サバ缶やさば(鯖)の栄養素、こんにゃくに多く含まれている食物繊維が中性脂肪に対してどのように良いのかなど、管理栄養士がわかりやすく解説しています。

EPAたっぷりの「サバ缶」は中性脂肪を下げたい人の味方!

「サバを積極的に摂りたいけれど魚料理はあまり得意ではない」という方には、サバ缶の存在をぜひ見直していただきたいと思います。 中性脂肪が高い方はぜひ活用して頂きたい食材の一つです。 サバ缶がどうして良い ...

続きを見る

DHA・EPAが豊富なサバ(鯖)の上手な食べ方と栄養素・成分

身体に良いとされる「青背魚」。これは動物学的な分類ではなくて、表皮の背中あたりが青光りしている魚をグループにした呼び名です。 サバ(鯖)はその代表格とも言える存在で、日頃から召し上がる機会も多いのでは ...

続きを見る

EPA・DHAを含む魚
EPA・DHAの効果と多く含む食材・上手な摂り方

中性脂肪を下げるにはどのような栄養素がいいのかな?と調べたことがある方は、「DHA・EPA」というキーワードをよく見かけたのではないでしょうか。 また、トクホや機能性表示食品、サプリメントの広告などで ...

続きを見る

中性脂肪が高い人は食物繊維をたっぷり摂りましょう!

食物繊維は食べると良い効果があるのは知っているけど、なぜいいのか詳しく知らない方も多いと思います。 食物繊維は消化されずに大腸まで運ばれ、そこで重要な生理機能を果たしていることがわかっています。 例え ...

続きを見る

このレシピを作った管理栄養士さん

このレシピは、管理栄養士&フードコーディネーターのNOKKOさんが作りました。

野菜・海藻・きのこなど食物繊維の多い食品を使った料理や疾病に合わせたレシピの作成を得意としている管理栄養士さんです。

このレシピor記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

注目のおすすめ記事

中性脂肪対策レシピの食事を毎日つくれるかどうか不安な女性 1

中性脂肪の数値を下げて正常値に戻すために必要なのは、「食生活の改善」と「適度な運動」です。 特に食生活に関しては、毎日の食事を見直すだけで中性脂肪の値が改善することも多いですから、頑張りがいがあります ...

-DHA・EPAたっぷり!魚の缶詰レシピ, さばの缶詰レシピ, 中性脂肪を下げる食事レシピ

Copyright© 中性脂肪対策食堂 , 2018 All Rights Reserved.