DHA・EPAたっぷり!魚の缶詰レシピ いわしの缶詰レシピ 中性脂肪を下げる食事レシピ

オイルサーディンで作る「オイルサーディンの和風パスタ」

更新日:

オイルサーディンの和風パスタ

オイルサーディン缶と南イタリアで定番のショートパスタ「カザレッチャ」で作るパスタ。
少しのおしょうゆの香りで和風になります。

普通のパスタでもいいですが、ソースが絡みやすい「ガザレッチャ」で作るとなおGoodです。

オイルサーディンとは、いわしの頭と内臓をとり塩水に浸けたあと油漬けにしたもので、いわしには多くのEPA・DHAが含まれています。

汁ごと使うことで、EPA・DHAを逃すことなく摂ることができます。

中性脂肪を下げる食材であるまいたけとしめじをたっぷりを使用しています。きのこ類には中性脂肪やコレステロールを下げる効果があります。

 

EPA・DHAが摂れる目安量&カロリー

EPA:748.00mg
DHA:712.80mg
カロリー:735kcal

 

材料(1人分)

  • オイルサーディン缶・・・88g(固形量62g)
  • パスタ(カザレッチャ)・・・100g
  • まいたけ・・・50g
  • しめじ・・・50g
  • オリーブ油・・・小さじ1
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • レモン汁・・・小さじ1/2
  • 塩こしょう・・・適宜

 

作り方

  1. 鍋に湯を沸かし、表示時間通りにパスタ(カザレッチャ)を茹で始める。
  2. フライパンにオリーブ油を入れ、まいたけ・しめじを加えて軽く炒める。
  3. オイルサーディンを加え、しょうゆ・レモン汁で味を付ける。
  4. 1で茹でたパスタを2のフライパンに加え、塩こしょうで味を調える。

 

合わせてこちらの記事もご覧ください

いわし(鰯)やいわしに多く含まれるDHA・EPAについて詳しく解説しています。

DHA・EPAが多いいわし(鰯)の上手な食べ方と栄養素・成分

いわし(鰯)を召し上がる機会はあるでしょうか? 日本の食卓では登場回数の多い青背魚の一つではありますが、調理するとなると手開きがうまくできるか心配、身が柔らかくてさばきにくいのでは?と嫌がられてしまう ...

続きを見る

EPA・DHAを含む魚
EPA・DHAの効果と多く含む食材・上手な摂り方

中性脂肪を下げるにはどのような栄養素がいいのかな?と調べたことがある方は、「DHA・EPA」というキーワードをよく見かけたのではないでしょうか。 また、トクホや機能性表示食品、サプリメントの広告などで ...

続きを見る

パスタはGI値が低い食品。血糖値の上昇を防いでくれるので、中性脂肪対策になります!

パスタは中性脂肪が増えにくい低GI食です

パスタは炭水化物だから太りそうと考えている方も多いと思います。 確かに炭水化物は糖質が多く含まれるため、過剰に食べると脂肪として蓄積されやすいです。 しかし、生きるために必要なエネルギー源であるため、 ...

続きを見る

舞茸(まいたけ)にはMX-フラクションという中性脂肪を下げる栄養素が含まれています。上手な食べ方もご紹介しています。

舞茸のMX-フラクションが中性脂肪を減らす!舞茸の効果的な食べ方

きのこには色々な種類がありますよね。しいたけ、えのき、しめじなどはスーパーでもよく見かける代表格になりますが、舞茸(まいたけ)もよくスーパーでみかけるきのこですよね。 以前、テレビや雑誌などで、舞茸ダ ...

続きを見る

 

このレシピを作った管理栄養士さん

このレシピは、管理栄養士&フードコーディネーターのNOKKOさんが作りました。

野菜・海藻・きのこなど食物繊維の多い食品を使った料理や疾病に合わせたレシピの作成を得意としている管理栄養士さんです。

このレシピor記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

注目のおすすめ記事

中性脂肪対策レシピの食事を毎日つくれるかどうか不安な女性 1

中性脂肪の数値を下げて正常値に戻すために必要なのは、「食生活の改善」と「適度な運動」です。 特に食生活に関しては、毎日の食事を見直すだけで中性脂肪の値が改善することも多いですから、頑張りがいがあります ...

-DHA・EPAたっぷり!魚の缶詰レシピ, いわしの缶詰レシピ, 中性脂肪を下げる食事レシピ

Copyright© 中性脂肪対策食堂 , 2018 All Rights Reserved.