DHA・EPAたっぷり!魚の缶詰レシピ いわしの缶詰レシピ 中性脂肪を下げる食事レシピ

オイルサーディンで作る「オイルサーディンとたたきれんこんの炒め」

更新日:

オイルサーディンとたたきれんこんの炒め

オイルサーディンとれんこんを合わせた炒め物です。
ワインビネガーを使うことで、魚のにおいを抑え、食べやすい一品に仕上げました。

イワシの旨みと、たたき割ったれんこんの食感が楽しめます。にんにくが効いてておいしいですよ!

オイルサーディンとは、いわしの頭と内臓をとり塩水に浸けたあと油漬けにしたもので、いわしには多くのEPA・DHAが含まれています。

食物繊維の多いれんこんには中性脂肪やコレステロールを下げる効果があるとして、その効果を期待されています。

 

EPA・DHAが摂れる目安量&カロリー

EPA:748.00mg
DHA:712.80mg
カロリー:369kcal

 

材料(1人分)

  • オイルサーディン1・・・1缶(88g・固形量62g)
  • れんこん・・・90g
  • にんにく・・・1片
  • ワインビネガー・・・小さじ2
  • しょうゆ・・・小さじ1

 

作り方

  1. れんこんは洗って皮をむき、めん棒などで大きめにたたき割る。
  2. フライパンにオイルサーディン缶の汁・にんにくスライスを入れ、弱火にかける。
  3. にんにくの香りが立ったられんこんを加え炒め、火を通してオイルサーディン・ワインビネガー・しょうゆを加え、炒め合わせる。

合わせてこちらの記事もご覧ください

いわし(鰯)は中性脂肪を下げるDHA・EPAを豊富に含む青魚です。中性脂肪対策に積極的に取りたい食材の一つです。

DHA・EPAが多いいわし(鰯)の上手な食べ方と栄養素・成分

いわし(鰯)を召し上がる機会はあるでしょうか? 日本の食卓では登場回数の多い青背魚の一つではありますが、調理するとなると手開きがうまくできるか心配、身が柔らかくてさばきにくいのでは?と嫌がられてしまう ...

続きを見る

EPA・DHAを含む魚
EPA・DHAの効果と多く含む食材・上手な摂り方

中性脂肪を下げるにはどのような栄養素がいいのかな?と調べたことがある方は、「DHA・EPA」というキーワードをよく見かけたのではないでしょうか。 また、トクホや機能性表示食品、サプリメントの広告などで ...

続きを見る

れんこんに含まれるポリフェノールには中性脂肪を減らす働きがあるという研究結果があります。

れんこんの栄養素や上手な食べ方などをこちらの記事でご紹介しています。

れんこんのポリフェノールに中性脂肪を下げる働きあり!?

「れんこん(蓮根)」は、体に良い効果をもたらす栄養素をたくさん持つ食材であることをご存知でしょうか? 淡泊な色で一見あまり栄養素を持たないのかなという印象を受けやすいですが、ビタミンCやミネラルを豊富 ...

続きを見る

にんにくには中性脂肪を下げる栄養素が含まれています。その栄養素や上手な食べ方などをご紹介しています。

にんにくの栄養素には中性脂肪を減らすパワーが秘められていた!

「にんにく」に対してどのようなイメージをお持ちですか? にんにくを食べると「元気になれる」「疲れがとれそう」というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか? にんにくはパワーがでるだけでなく、 ...

続きを見る

 

このレシピを作った管理栄養士さん

このレシピは、管理栄養士&フードコーディネーターのNOKKOさんが作りました。

野菜・海藻・きのこなど食物繊維の多い食品を使った料理や疾病に合わせたレシピの作成を得意としている管理栄養士さんです。

このレシピor記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

注目のおすすめ記事

中性脂肪対策レシピの食事を毎日つくれるかどうか不安な女性 1

中性脂肪の数値を下げて正常値に戻すために必要なのは、「食生活の改善」と「適度な運動」です。 特に食生活に関しては、毎日の食事を見直すだけで中性脂肪の値が改善することも多いですから、頑張りがいがあります ...

-DHA・EPAたっぷり!魚の缶詰レシピ, いわしの缶詰レシピ, 中性脂肪を下げる食事レシピ

Copyright© 中性脂肪対策食堂 , 2018 All Rights Reserved.