中性脂肪を下げる食事レシピ 主菜のレシピ

なすとミニトマトのオムレツ

更新日:

なすとミニトマトのオムレツ

卵はコレステロールが多く含まれている食品です。中性脂肪だけが高い方も、動脈硬化性疾患予防のために、摂取量に注意しましょう。

一般的な卵をたくさん使うオムレツでは、ガイドラインのコレステロール量をオーバーしてしまいます。(*)

そのため、このレシピでは野菜をたっぷりと加え、包まないオープンオムレツにすることで、卵1個で作ることができます。

バターではなくオリーブオイルを使うことで、飽和脂肪酸の摂取を抑えられるのもポイントです。

 

(*)2015年、食事におけるコレステロール摂取量の上限値が撤廃されました。
「日本人の食事摂取基準(2015年版)」(厚生労働省)
コレステロール摂取量に関する声明(日本動脈硬化学会

ただし、「摂取量の上限撤廃=誰でもコレステロールの心配はせずにいくらでも食べてOK」という訳ではありません。
高LDLコレステロール血症の方などは、摂り過ぎに注意が必要です。

【栄養価】
エネルギー:149kcal
コレステロール:181mg
食物繊維:2.1g
塩分:0.9g
脂質:9.1g
糖質:7.8g

 

【材料(一人分)】

  • 卵 M1個(50g)
  • 牛乳 大さじ1(15g)
  • 塩 5g
  • なす 50g
  • ミニトマト 2個(30g)
  • 玉ねぎ 20g
  • にんにく 1/3かけ(2g)
  • オリーブオイル 小さじ1(4g)
  • ケチャップ 大さじ1/2(5g)

 

【作り方】

なすとミニトマトのオムレツの作り方の手順1の画像

1.茄子は2~3ミリの厚さの半月切りにし、塩を振ってもんで5分程置いて、出て来た水分を絞る。

 

なすとミニトマトのオムレツの作り方の手順2の画像

2.ミニトマトはヘタを除いて半分に切る。玉ねぎは1㎝角に切る。にんにくは微塵切りにする。卵を割って、牛乳を加えて混ぜておく。

 

なすとミニトマトのオムレツの作り方の手順3の画像

3.フライパンを熱してオリーブオイルをひき、にんにくと玉ねぎを炒める。玉ねぎがしんなりしてきたら、1の茄子を加えて炒める。

 

なすとミニトマトのオムレツの作り方の手順4の画像

4.具がすべて混ざるように卵液を注ぎ、ミニトマトを散らす。

 

なすとミニトマトのオムレツの作り方の手順5の画像

5.弱火にして、蓋をして、蒸し焼きにする、焼きあがったらお皿に盛り、ケチャップをかけて完成。

 

このレシピの中性脂肪対策ポイント

 

このレシピor記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

注目のおすすめ記事

中性脂肪対策レシピの食事を毎日つくれるかどうか不安な女性 1

中性脂肪の数値を下げて正常値に戻すために必要なのは、「食生活の改善」と「適度な運動」です。 特に食生活に関しては、毎日の食事を見直すだけで中性脂肪の値が改善することも多いですから、頑張りがいがあります ...

中性脂肪を下げる献立(5月No.1の1日目)暑い季節を乗り切る豚肉と夏野菜の献立 2

『中性脂肪を下げる食事を作りたいけど、毎日の献立を考えるのは大変!』そんな声をよく聞きます。 そうですよね。普通の食事でさえ献立を考えるのは大変なことなのに、中性脂肪対策も考えながらという条件が加わっ ...

中性脂肪を下げる献立(夏 No.2の1日目)家電を活用した真夏の魚献立 3

今回は「中性脂肪を下げる1週間の献立例【夏 No.2】」です。主菜7品、副菜9品、汁物7品をご紹介します。 『中性脂肪を下げる食事を作りたいけど、毎日の献立を考えるのは大変!』そんな声をよく聞きます。 ...

-中性脂肪を下げる食事レシピ, 主菜のレシピ

Copyright© 中性脂肪対策食堂 , 2017 AllRights Reserved.