中性脂肪を下げる食事レシピ 主菜のレシピ

茄子と豚ひき肉の味噌炒め

更新日:

茄子と豚ひき肉の味噌炒め

夏野菜の茄子とピーマンを使った味噌炒めは、白いご飯ともよく合うおかずです。

ただし、中性脂肪を減らしたい方は、ご飯のような糖質の摂取量には気を付けたいところですので、おかずの味付けは、あまり濃くならないように注意しましょう。

一般的な中華では野菜を素揚げして使うことが多いですが、このレシピでは炒めるだけなので、その分低カロリーです。豚ひき肉は赤身の部分を選べば、さらにカロリーを抑えられます。

また、好みに応じて豆板醤で辛みを付けても美味しく頂けます。

【栄養価】

エネルギー:204kcal
コレステロール:39mg
食物繊維:3.4g
塩分:1.2g
脂質:12.1g
糖質:7.3g

 

材料(一人分)

  • 茄子 100g
  • ピーマン 30g
  • 豚ひき肉 50g
  • にんにく 3g
  • 生姜 3g
  • キャノーラ油 小さじ1(4g)
  • 米味噌 小さじ1(6g)
  • 清酒 小さじ1(5g)
  • 濃口醤油 小さじ1/2(3g)
  • 片栗粉 小さじ1/2(1.5g)
  • 水 1/4カップ(50g)

 

作り方

茄子と豚ひき肉の味噌炒めの作り方の手順1の画像

1.茄子はヘタを切り落とし、ピーマンはヘタを切り、種とワタを出して、それぞれ乱切りにする。にんにく、生姜は微塵切りにする。

 

茄子と豚ひき肉の味噌炒めの作り方の手順2の画像

2.フライパンを熱して油をひき、にんにく、生姜、豚ひき肉を炒める。

 

茄子と豚ひき肉の味噌炒めの作り方の手順3の画像

3.肉の色が変わったら、茄子とピーマンを加えて炒める。

 

茄子と豚ひき肉の味噌炒めの作り方の手順4の画像

4.味噌、酒、醤油、片栗粉、水を混ぜ合わせて、3に加え、とろみがつくまで加熱して完成。

 

このレシピの中性脂肪対策ポイント

  • 油を摂りすぎないように調理法は”炒める”!
  • ごはんが進み過ぎないように味付けは濃いめにしない!
    ⇒炭水化物(糖質)を摂り過ぎないため
  • ひき肉は脂肪分の少ない”赤身”を使う方がいい!
    ⇒不飽和脂肪酸を摂り過ぎないため

このレシピor記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

注目のおすすめ記事

中性脂肪対策レシピの食事を毎日つくれるかどうか不安な女性 1

中性脂肪の数値を下げて正常値に戻すために必要なのは、「食生活の改善」と「適度な運動」です。 特に食生活に関しては、毎日の食事を見直すだけで中性脂肪の値が改善することも多いですから、頑張りがいがあります ...

中性脂肪を下げる献立(5月No.1の1日目)暑い季節を乗り切る豚肉と夏野菜の献立 2

『中性脂肪を下げる食事を作りたいけど、毎日の献立を考えるのは大変!』そんな声をよく聞きます。 そうですよね。普通の食事でさえ献立を考えるのは大変なことなのに、中性脂肪対策も考えながらという条件が加わっ ...

中性脂肪を下げる献立(夏 No.2の1日目)家電を活用した真夏の魚献立 3

今回は「中性脂肪を下げる1週間の献立例【夏 No.2】」です。主菜7品、副菜9品、汁物7品をご紹介します。 『中性脂肪を下げる食事を作りたいけど、毎日の献立を考えるのは大変!』そんな声をよく聞きます。 ...

-中性脂肪を下げる食事レシピ, 主菜のレシピ

Copyright© 中性脂肪対策食堂 , 2017 AllRights Reserved.