中性脂肪を下げる食事レシピ 主菜のレシピ

真鯛のポワレ・バルサミコソース添え

更新日:

真鯛のポワレ・バルサミコソース添え

鯛は脂質が少なく、カロリーも控え目な魚なので、中性脂肪が気になる方、カロリー制限が必要な方にもおすすめです。

また、魚料理の付け合せには、マッシュポテトなどの糖質が多い芋類よりも、彩りのきれいな野菜を添えると、ビタミン・ミネラルを摂取でき、カロリーも抑えられます。

ソースには、塩、胡椒などのシンプルな味付けもよいですが、バルサミコ酢を使ったソースも、カロリーは高くないのでよいでしょう。

ホワイトソースやデミグラスソースなどは、カロリーが高い傾向にあるので気を付けたいですね。

 

【栄養価】

エネルギー:214kcal
コレステロール:52mg
食物繊維:1.4g
塩分:0.9g
脂質:10.8g
糖質:9.9g

 

材料(一人分)

  • 真鯛 一切れ(80g)
  • 塩 0.3g
  • 胡椒 少々
  • オリーブオイル 大さじ1/2(6g)
  • パプリカ(赤・黄) 各30gずつ
  • アスパラガス 1本 25g
  • バルサミコ酢 大さじ2(30g)
  • 塩 0.3g

 

作り方

真鯛のポワレ・バルサミコソース添えの作り方の手順1の画像

1.アスパラガスは根元の堅い部分を切り落とす。パプリカは種とワタを除いて2㎝幅程度に切る。

 

真鯛のポワレ・バルサミコソース添えの作り方の手順2の画像

2.真鯛に塩、胡椒をふって5~10分程置いておき、出て来た水分をキッチンペーパーでふきとる。

 

真鯛のポワレ・バルサミコソース添えの作り方の手順3の画像

3.鍋またはフライパンでお湯を沸かし、アスパラガスを好みの堅さに茹でる。

 

真鯛のポワレ・バルサミコソース添えの作り方の手順4の画像

4.フライパンを熱して、オリーブオイルの1/3量をひいて、パプリカを焼く。

 

真鯛のポワレ・バルサミコソース添えの作り方の手順5の画像

5.パプリカを取出し、残りのオリーブオイルを加えて、真鯛を焼く。先に皮を下にして焼き、やや焦げて焼けてきたら、裏返して両面を焼き、中まで火を通す。

 

真鯛のポワレ・バルサミコソース添えの作り方の手順6の画像

6.真鯛を取出したフライパンにバルサミコ酢を入れて煮詰め、軽くとろみがついてきたら火を止めて塩で味をつける。真鯛、パプリカ、アスパラガスをお皿に盛り、バルサミコソースを添えて完成。

 

このレシピの中性脂肪対策ポイント

  • 真鯛はEPA・DHAが豊富。
    ⇒特に養殖の真鯛に豊富に含まれています。
  • フライパンに残った油もソースにしてEPA・DHAを効率的に摂取!
    フライパンに残った油に真鯛からEPA・DHAが流れ出ています。バルサミコ酢とソースにすることで残さず摂れます。

このレシピor記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

注目のおすすめ記事

中性脂肪対策レシピの食事を毎日つくれるかどうか不安な女性 1

中性脂肪の数値を下げて正常値に戻すために必要なのは、「食生活の改善」と「適度な運動」です。 特に食生活に関しては、毎日の食事を見直すだけで中性脂肪の値が改善することも多いですから、頑張りがいがあります ...

中性脂肪を下げる献立(5月No.1の1日目)暑い季節を乗り切る豚肉と夏野菜の献立 2

『中性脂肪を下げる食事を作りたいけど、毎日の献立を考えるのは大変!』そんな声をよく聞きます。 そうですよね。普通の食事でさえ献立を考えるのは大変なことなのに、中性脂肪対策も考えながらという条件が加わっ ...

中性脂肪を下げる献立(夏 No.2の1日目)家電を活用した真夏の魚献立 3

今回は「中性脂肪を下げる1週間の献立例【夏 No.2】」です。主菜7品、副菜9品、汁物7品をご紹介します。 『中性脂肪を下げる食事を作りたいけど、毎日の献立を考えるのは大変!』そんな声をよく聞きます。 ...

-中性脂肪を下げる食事レシピ, 主菜のレシピ

Copyright© 中性脂肪対策食堂 , 2017 AllRights Reserved.