中性脂肪を下げる食事レシピ 主菜のレシピ

いわし(鰯)の生姜煮

更新日:

いわし(鰯)の生姜煮

いわし(鰯)など青魚は不飽和脂肪酸が多く、中性脂肪やコレステロールのような血中脂質の改善に役立ちます。

いわし(鰯)の旬は、一般的には秋から冬とされていますが、「春鰯」という季語もあるように、春から夏にかけてのいわし(鰯)も美味しいと言われています。

健康に役立つ鰯は、季節を問わずに食べたいですね。

また、煮魚は、みりんや砂糖など糖質を多く含む調味料も多く使う傾向があります。

調味料のエネルギー、糖質も、摂りすぎると中性脂肪を増やしてしまうため、注意しましょう。

生姜の爽やかな味わいは夏にもぴったりで、魚特有の匂いが苦手な方も食べやすくしてくれます。

 

【栄養価】
エネルギー:244kcal
コレステロール:58.5mg
食物繊維:0.7g
塩分:1.2g
脂質:12.6g
糖質:6.9g

 

【材料(一人分)】

  • まいわし 二匹(一匹90g程度)
  • 生姜 15g
  • 水 80㏄
  • 清酒 大さじ1(15g)
  • 濃口醤油 小さじ1(6g)
  • 本みりん 小さじ1(6g)
  • 上白糖 小さじ1/2(5g)
  • ししとう 2本(10g)

 

【作り方】

いわし(鰯)の生姜煮の作り方の手順1の画像

1.鰯は鱗を摂り、頭を落として、内臓を出してよく洗い、水気を拭き取る。

 

いわし(鰯)の生姜煮の作り方の手順2の画像

2.生姜は皮を剥いて千切りにする。

 

いわし(鰯)の生姜煮の作り方の手順3の画像

3.生姜の半分と水、酒、醤油、みりん、砂糖を鍋に入れて火にかける。沸騰したところへ鰯と残りの生姜を入れて、ししとうも加えて、落とし蓋をして15分程弱火で煮る。(途中で水分が足りなくなりそうなら水を加える。落としぶたは、クッキングシートに切れ目を入れたものなどでもよい。)

 

いわし(鰯)の生姜煮の作り方の手順4の画像

4.仕上げに落とし蓋を取り、煮汁をかけながら煮詰めて完成。

 

このレシピの中性脂肪対策ポイント

 

このレシピor記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

注目のおすすめ記事

中性脂肪対策レシピの食事を毎日つくれるかどうか不安な女性 1

中性脂肪の数値を下げて正常値に戻すために必要なのは、「食生活の改善」と「適度な運動」です。 特に食生活に関しては、毎日の食事を見直すだけで中性脂肪の値が改善することも多いですから、頑張りがいがあります ...

中性脂肪を下げる献立(5月No.1の1日目)暑い季節を乗り切る豚肉と夏野菜の献立 2

『中性脂肪を下げる食事を作りたいけど、毎日の献立を考えるのは大変!』そんな声をよく聞きます。 そうですよね。普通の食事でさえ献立を考えるのは大変なことなのに、中性脂肪対策も考えながらという条件が加わっ ...

中性脂肪を下げる献立(夏 No.2の1日目)家電を活用した真夏の魚献立 3

今回は「中性脂肪を下げる1週間の献立例【夏 No.2】」です。主菜7品、副菜9品、汁物7品をご紹介します。 『中性脂肪を下げる食事を作りたいけど、毎日の献立を考えるのは大変!』そんな声をよく聞きます。 ...

-中性脂肪を下げる食事レシピ, 主菜のレシピ

Copyright© 中性脂肪対策食堂 , 2017 AllRights Reserved.