DHA・EPAたっぷり!魚の缶詰レシピ いわしの缶詰レシピ 中性脂肪を下げる食事レシピ

いわし味噌煮缶詰で作る「いわしと里芋の味噌煮」

投稿日:

いわしと里芋の味噌煮

いわしの味噌煮缶詰と里芋、ニンジンの根菜類を組み合わせた一品。

片栗粉でとろみをつけてあるので、いわしの旨みと味噌の味が里芋に絡んでおいしいですよ。

青魚の中でも、いわしはEPAの含有量がもっとも多い魚です。もちろんDHAも豊富に含まれています。

いわし味噌煮缶を使い、落とし蓋をしてじっくり煮ることで、味付けの手間がなくかんたんにおいしい味噌煮を作ることができます。

片栗粉で煮汁にとろみをつけることにより、EPA・DHAを余すことなく摂取できます。

 

EPA・DHAが摂れる目安量&カロリー

EPA:1400.00mg
DHA:1100.00mg
カロリー:286kcal

 

材料(1人分)

  • いわし味噌煮缶・・・100g(80g)
  • 里芋・・・2個140g(可食部100g)
  • にんじん・・・1/3本(25g)
  • 片栗粉・・・小さじ1
  • 小ねぎ・・・適宜

 

作り方

  1. 里芋は皮をむき、一口大に切る。にんじんは乱切りにする。
  2. 鍋にいわし味噌煮・里芋・にんじんを入れ、落とし蓋をして軟らかくなるまで弱火で煮る。
  3. 具を器に盛り付け、煮汁は片栗粉を少量の水(分量外)で溶いたものでとろみをつける。
  4. 汁を具の上からかけ、小ねぎを散らす。

 

このレシピを作った管理栄養士さん

このレシピは、管理栄養士&フードコーディネーターのNOKKOさんが作りました。

野菜・海藻・きのこなど食物繊維の多い食品を使った料理や疾病に合わせたレシピの作成を得意としている管理栄養士さんです。

このレシピor記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

注目のおすすめ記事

中性脂肪対策レシピの食事を毎日つくれるかどうか不安な女性 1

中性脂肪の数値を下げて正常値に戻すために必要なのは、「食生活の改善」と「適度な運動」です。 特に食生活に関しては、毎日の食事を見直すだけで中性脂肪の値が改善することも多いですから、頑張りがいがあります ...

-DHA・EPAたっぷり!魚の缶詰レシピ, いわしの缶詰レシピ, 中性脂肪を下げる食事レシピ

Copyright© 中性脂肪対策食堂 , 2018 All Rights Reserved.