中性脂肪を下げる食事レシピ 副菜のレシピ

ゴーヤとひじきのサラダ

更新日:

ゴーヤとひじきのサラダ

 

ひじきのような海藻類は低カロリーで食物繊維が摂れます。

食物繊維は糖質や脂質の吸収を抑えるため、中性脂肪を下げたい方をはじめ、体重をコントロールしたい方や生活習慣病が気になる方は積極的に取り入れるとよいでしょう。

ゴーヤとひじきでビタミン、ミネラルを摂れるサラダです。

ゴーヤは苦味が強いですが、ハムのようなうま味のある食品と組み合わせると食べやすくなります。

ロースハムよりはボンレスハムのほうがカロリーが低くてよいでしょう。

 

【栄養価】
エネルギー:40kcal
コレステロール:5mg
食物繊維:2.2g
塩分:0.8g
脂質:2.0g
糖質:1.5g

 

【材料(一人分)】

  • ゴーヤ 1/8本(30g)
  • 芽ひじき 3g
  • ハム 1枚(10g)
  • ごま油 小さじ1/4(1g)
  • 濃口醤油 小さじ1/2(3g)
  • 米酢 小さじ1/2(5g)
  • いりごま 1g

 

【作り方】

ゴーヤとひじきのサラダの作り方の手順1の画像

1.ひじきは水で戻してよく洗う。ゴーヤはタネとワタをスプーンで除いて、3mm幅に切る。ひじきとゴーヤをそれぞれさっと茹でておく。ハムは短冊切りにする。

 

ゴーヤとひじきのサラダの作り方の手順2の画像

2.ごま油、醤油、酢、ごまを混ぜてひじき、ゴーヤ、ハムと和えて完成。

 

組み合わせてできるおすすめの献立

この「副菜」のレシピは、次の「主菜」と「汁物」と組み合わせると、おすすめの献立になります。

主菜

汁物

このレシピが含まれている1週間の献立例は、中性脂肪を下げる1週間の献立例【夏~秋No.2】の1日目でご紹介しています。

中性脂肪を下げる1週間の献立例【夏~秋No.2】魚と豆腐で血中脂質改善に効果的なハンバーグ献立
中性脂肪を下げる1週間の献立例【夏~秋No.2】

「中性脂肪を下げる1週間の献立例【夏~秋No.2】」をご紹介します。 8~9月の残暑から秋にかけての旬の食材を使った、主菜7品、副菜10品、汁物7品をご紹介します。 今回は中性脂肪を下げるEPA・DH ...

続きを見る

 

このレシピの中性脂肪対策ポイント

ゴーヤは食物繊維と抗酸化物質のビタミンCやβ-カロテンが豊富な野菜なので、夏の中性脂肪対策におすすめの食材です。

中性脂肪が高い人は動脈硬化対策に抗酸化物質も摂りましょう

抗酸化物質とはどのようなものかご存知でしょうか。 抗酸化物質はフリーラジカルや活性酸素を消去して、動脈硬化、老化、がんなどを予防してくれる働きを持ちます。 私たちの体の健康を維持するのにとても大切な栄 ...

続きを見る

中性脂肪が高い人は食物繊維をたっぷり摂りましょう!

食物繊維は食べると良い効果があるのは知っているけど、なぜいいのか詳しく知らない方も多いと思います。 食物繊維は消化されずに大腸まで運ばれ、そこで重要な生理機能を果たしていることがわかっています。 例え ...

続きを見る

ひじきなどの海藻類は、中性脂肪を下げる栄養素が含まれています。

また、ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。ビタミン、ミネラルは、食べたものを効率よく代謝するために必要不可欠な栄養素です。

わかめ・昆布・ひじきなどの海藻を食べて中性脂肪対策

あなたが最近食べた食事に海藻類は入っていましたか? 海藻類は、意識して摂らないと意外に料理に使われてないことも多い食材です。 一方で、海藻類は、ビタミン、ミネラル、食物繊維を摂るのにとても大切な食材に ...

続きを見る

酢には中性脂肪を下げる成分が含まれています。

リンゴ酢で中性脂肪や内臓脂肪が減る?酢の上手な摂り方

お酢は身体によいというイメージありませんか? 疲労回復効果なんてよく耳にします。 酢の健康効果は、漠然としたイメージだけにとどまらず、具体的に研究されています。 酢を継続的に摂取することは、内臓脂肪や ...

続きを見る

 

このレシピor記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

注目のおすすめ記事

中性脂肪対策レシピの食事を毎日つくれるかどうか不安な女性 1

中性脂肪の数値を下げて正常値に戻すために必要なのは、「食生活の改善」と「適度な運動」です。 特に食生活に関しては、毎日の食事を見直すだけで中性脂肪の値が改善することも多いですから、頑張りがいがあります ...

-中性脂肪を下げる食事レシピ, 副菜のレシピ

Copyright© 中性脂肪対策食堂 , 2018 All Rights Reserved.