中性脂肪を下げる食事レシピ 副菜のレシピ

チーズの粉吹き芋

投稿日:

チーズの粉吹き芋

 

じゃがいもと粉チーズを使ったシンプルでおいしい副菜です。

芋類は炭水化物が多いので、摂りすぎは中性脂肪を増やす原因になってしまいます。

しかし、芋類はビタミンCやカリウムなどのミネラル、食物繊維といった必要な栄養素を多く含んでいるため、1日に1個程度は摂取してもよいといわれています。

炭水化物(糖質)が全て悪者ということはありませんので、あまり神経質にならずに毎日の食事に取り入れてくださいね。

このレシピでは茹でて転がすだけの粉吹き芋なので、カロリーもそれほど多くなく、チーズのうまみでおいしく仕上がっています。

 

【栄養価】
エネルギー:105kcal
コレステロール:5.8mg
食物繊維:1.3g
塩分:0.5g
脂質:2g

 

【材料(一人分)】

  • じゃがいも 中1個(100g)
  • 塩(3g)
  • 白こしょう 少々(1g)
  • 粉チーズ 大さじ1(6g)

 

【作り方】

  • じゃがいもは皮をむいて3~4㎝角に切り、鍋にじゃがいもが浸るくらいの水を入れて茹でます。
  • じゃがいもが中まで火が通ったら、残っているお湯を捨てて、軽くゆすって粉吹き芋にします。
  • 塩、こしょう、粉チーズも加えてさらに鍋をゆすり、全体にまぶしたら完成です。

 

組み合わせてできるおすすめの献立

この「副菜」のレシピは、次の「主菜」と「汁物」と組み合わせると、おすすめの献立になります。

主菜


汁物
野菜とハムのコンソメスープ
野菜とハムのコンソメスープ

  簡単に手に入る定番の野菜3品目とハムで作るコンソメスープです。 中性脂肪対策には野菜をたくさん食べることも大切です。 野菜は生で食べるよりも、スープのように煮たりするとかさが減って、量が ...

 

このレシピの中性脂肪対策ポイント

じゃがいもには、抗酸化ビタミンのビタミンCが豊富。活性酸素を除去して動脈硬化の進行を防ぐ働きがあるので、中性脂肪が高い方は摂りたい栄養素です。

ただ、炭水化物=糖質なので、食べ過ぎるとカロリーオーバーになります。「食べ過ぎ」には注意が必要です。

このレシピでは、シンプルな調理法で調味料をほとんど使わないことで、出来るだけカロリーを摂り過ぎないよう配慮しています。

 

このレシピor記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

注目のおすすめ記事

中性脂肪対策レシピの食事を毎日つくれるかどうか不安な女性 1

中性脂肪の数値を下げて正常値に戻すために必要なのは、「食生活の改善」と「適度な運動」です。 特に食生活に関しては、毎日の食事を見直すだけで中性脂肪の値が改善することも多いですから、頑張りがいがあります ...

-中性脂肪を下げる食事レシピ, 副菜のレシピ

Copyright© 中性脂肪対策食堂 , 2018 All Rights Reserved.