中性脂肪を下げる食事レシピ 汁物のレシピ

あさりと菜の花のすまし汁

投稿日:

あさりと菜の花のすまし汁

 

春の食材がたくさんのすまし汁です。あさりのだしを使います。はまぐりでもよいでしょう。

貝類は殻ごと使うと料理の見た目が華やかになり、ボリュームが出ますし、殻をはずす手間がかかることで早食い防止にも役立ちます。

菜の花とたけのこはどちらも食物繊維が多く、よく噛んでたべることにつながるので、こちらも早食い防止に効果的です。シャキシャキした食感も味わっておいしくいただきましょう。

 

【栄養価】
エネルギー:28kcal
コレステロール:8mg
食物繊維:1.9g
塩分:0.9g
脂質:0.1g
糖質:1.1g

 

【材料(二人分)】

  • あさり 100g
  • 菜の花(茹で) 50g
  • たけのこ(茹で) 50g
  • 水 2カップ(400ml)
  • 清酒 小さじ2(10g)
  • 薄口醤油 小さじ1(6g)

 

【作り方】

あさりと菜の花のすまし汁の作り方の手順1の画像

1.砂抜きしたあさりと水を鍋に入れて火にかける。あさりがすべて口を開いたら酒と醤油を加えて火を止める。

 

あさりと菜の花のすまし汁の作り方の手順2の画像

2.茹でた菜の花とたけのこをお椀に盛り、熱い1を注いで完成。

 

組み合わせてできるおすすめの献立

この「汁物」のレシピは、次の「主菜」「副菜」と「副々菜」と組み合わせると、おすすめの献立になります。

主菜


副菜
水菜と油揚げの煮浸し
水菜と油揚げの煮浸し

  水菜は緑黄色野菜でカロテンを豊富に含んでいて、他にもビタミンCやEなどの抗酸化ビタミンや、食物繊維を豊富に含んでいます。 下茹でなども不要で、短時間の加熱で出来上がるのも便利です。 旬は ...


副々菜
そら豆の塩茹で
そら豆の塩茹で

  そら豆の旬は春から初夏で、さっと茹でるだけで旬を感じるおかずになりますね。 炭水化物が少し多めの野菜ではありますが、タンパク質やカリウム、食物繊維なども豊富です。 中性脂肪が高い方は炭水 ...

 

このレシピの中性脂肪対策ポイント

 

このレシピor記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

注目のおすすめ記事

中性脂肪対策レシピの食事を毎日つくれるかどうか不安な女性 1

中性脂肪の数値を下げて正常値に戻すために必要なのは、「食生活の改善」と「適度な運動」です。 特に食生活に関しては、毎日の食事を見直すだけで中性脂肪の値が改善することも多いですから、頑張りがいがあります ...

-中性脂肪を下げる食事レシピ, 汁物のレシピ

Copyright© 中性脂肪対策食堂 , 2018 All Rights Reserved.