中性脂肪を下げる食事レシピ 副菜のレシピ

油揚げと白菜と人参の煮浸し

投稿日:

油揚げと白菜と人参の煮浸し

 

油揚げとお野菜の煮浸しの副菜のレシピです。お野菜は冬が旬の白菜と人参です。

中性脂肪が高い方はアルコールや糖類の摂取に気を付ける必要があります。

和風の煮物や煮浸しなどは油分を使わないため低カロリーなものが多いですが、砂糖などで味付けすることが多いので、使用量には気を付けたいところです。

砂糖を使う量を減らして、だしなどの風味を生かして、ほんのり感じられる上品な甘味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

上品な味わいで、白菜と人参もおいしくいただけます。

 

【栄養価】
エネルギー:101kcal
コレステロール:0mg
食物繊維:1.9g
塩分:1.1g
脂質:5.2g

 

【材料(一人分)】

  • 白菜 100g
  • 人参 15g
  • 油揚げ 15g
  • かつおだし 120g
  • こいくちしょうゆ 小さじ1/2(3g)
  • みりん 小さじ1(6g)
  • 上白糖 小さじ1/3(1g)
  • 塩 少々(5g)

 

【作り方】

  1. 白菜は3~4㎝幅に切り、人参は短冊切りにします。油揚げは熱湯をまわしかけて1㎝幅に切ります。
  2. 鍋にだしとしょうゆ、みりん、砂糖、塩を入れて火にかけます。
  3. 白菜、人参、油揚げを2に加えて煮て、白菜がしんなりして味がなじんだら完成です。

 

組み合わせてできるおすすめの献立

この「副菜」のレシピは、次の「主菜」と「汁物」と組み合わせると、おすすめの献立になります。

主菜


汁物
ささみとしめじと小松菜のすまし汁
ささみとしめじと小松菜のすまし汁

  ささみ、しめじ、小松菜の入ったすまし汁のレシピです。 吸い口の黒こしょうがアクセントですが、ゆず皮などでも楽しめます。 ささみは低脂質・低カロリーでありながら良質なタンパク質が豊富に含ま ...

 

このレシピの中性脂肪対策ポイント

大豆製品の油揚げに含まれるβコングリシニンには、中性脂肪を下げる働きがあります。

白菜はビタミンCをはじめとするビタミンやミネラルがバランス良く含まれている野菜で、食物繊維が豊富です。

白菜に含まれるビタミンCや人参に含まれるβカロテンは抗酸化ビタミンと呼ばれています。

抗酸化ビタミンは、活性酸素を除去して動脈硬化を防ぐ働きがあるので、中性脂肪が高い方は摂りたい栄養素です。

 

このレシピor記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

注目のおすすめ記事

中性脂肪対策レシピの食事を毎日つくれるかどうか不安な女性 1

中性脂肪の数値を下げて正常値に戻すために必要なのは、「食生活の改善」と「適度な運動」です。 特に食生活に関しては、毎日の食事を見直すだけで中性脂肪の値が改善することも多いですから、頑張りがいがあります ...

-中性脂肪を下げる食事レシピ, 副菜のレシピ

Copyright© 中性脂肪対策食堂 , 2018 All Rights Reserved.